レンタルサーバーとは?

botton.gif(149 byte) レンタルサーバーとは?

ホームぺージを公開するためには、インターネットに接続されたサーバーに、公開するhtmlデータなどを蓄積しておかなければなりません。

サーバーは、自分で用意することもできますが、サーバーの管理を専門とする会社が運営する設備を利用することも可能です。
レンタルサーバーとは、インターネットに常時接続されているコンピューターの一部スペースを借りてレンタルするサービスです。

レンタルサーバー会社がマンションの家主であるとすると、あなたははその一室を借りて使用する間借人ということになります。

インターネット接続プロバイダーでもメールアドレスやホームページスペースを利用することはできますが、メールアドレスの数やホームページスペースの容量などに制限がある上、独自ドメインを利用することはできません。
また、自分でサーバーを運営するとなると、設備はもちろん、専門的な技術も必要になり、コストがかかってしまいます。

そこでこのようなレンタルサーバーを利用することにより、手軽にホームぺージを公開することができるのです

botton_b2.gif(148 byte) レンタルサーバーを利用するメリット
1.サイト名や商品名がそのままurlにできます。

インターネット接続プロバイダーでは、そのプロバイダーのドメイン名が必ずurlに含まれてしまい、ホームページのアドレスが長くなってしまいます。
レンタルサーバーを利用すれば、好きな独自ドメインを利用できるため、サイト名や商品名をそのままurlにすることが可能です。
わかりやすく、覚えやすいのはもちろん、利用者の信頼感も高まります。

2.プロバイダーを変更しても、urlやメールアドレスが変わりません。

インターネット接続プロバイダーを利用してホームページを公開したり、メールを利用した場合は、プロバイダーを変更するとurlやメールアドレスが変わってしまいます。
独自ドメインのウェブサイトやメールアドレスなら、独自ドメイン名を手放さない限り、利用するプロバイダーとは関係なく、同じアドレスをずっと利用できます。

3.短くて覚えやすいメールアドレスが利用できます。

独自ドメインは空いていれば、自由に選択できるため、短く、簡潔なurlやメールアドレスにできます。
メールアドレスの@の右側は、自分で自由に決められるため、プロバイダーでは他の人とバッティングしがちなアドレスも、気にすることなく利用することができます。

4.安心して、大容量のディスクスペースを利用できます。

光通信が普及し始めた現在では、多量の画像などをホームページで公開する機会も増えてきています。
何百Gといった単位の大容量のディスクスペースを自由に利用することができるレンタルサーバーなら容量を気にせずに、公開できます。

5.セキュリティやトラブル管理もレンタルサーバー会社へ任せることができます。

自分でサーバーを運用していく場合には、24時間、メンテナンスや電源管理、ハードウェアトラブル、セキュリティホールへの対応なども行っていかなければならなくなります。
レンタルサーバーならセキュリティーやメンテナンスもサービス提供会社に全て任せることができます。

6.たくさんのメールアドレスを自由に利用できます。

レンタルサーバーなら、複数のメールアドレスの発行や削除を自由に行うことができます。
用途によって使い分けたり、一時的にメールアドレスを用意するなど、気軽にメールアドレスを利用することが可能になります。

おすすめのレンタルサーバーはこちら

下記のレンタルサーバーはお安く利用できる代表的なレンタルサーバー会社ですので、是非ご検討下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

menu


スポンサードリンク

おすすめのサーバー

レンタルサーバーニュース