レンタルサーバー選びのコツ

まず最初に

何を始めるのにもそうですが、自分がホームページ上でいったい何をしたいかが決らないと話になりません。

だだ単にホームページを経験してみたいだけならば、今はどこのプロバイダーでも無料のホームページ用のスペースを契約者に提供していますからそれを使うことをおすすめします。

たとえばあなたがショッピングモールのようなホームページを作りたいのでしたら、ショッピングカートが使えるレンタルサーバーがよいでしょう。

また、商品を一品づつホームぺージに画像として出したいのでしたらある程度のサーバースペースがレンタルできるレンタルサーバーが必要でしょう。

こんな感じでまず自分が何をしたいかを良く考えて契約する前にプランを立てておくのがとても重要です。

レンタルサーバー選びの注意点

よくバックボーンという言葉をレンタルサーバーを探していると目にしますが、その業者が接続している通信回線の容量を表します。容量が大きければバックボーンが太い、少なければバックボーン細いという言い方をします。

もちろん、バックボーンが太ければ一度に多くのデータをやりとりできるので、高速になるわけですから、バックボーンは太ければ太いほど良いのですが、バックボーンが太いからといって必ずしも高速というわけではなく、実際はもう少し複雑になります。

レンタルサーバーのユーザーが利用できるのは、業者のバックボーンから何分割もしたあとの回線なのです。つまり実際の速度はバックボーンがどの程度に分割されているかで違ってきます。

多数に分割されているほど、当然速度は落ちます。しかし現実にはどのように分割されているかまでは私たちには知らされませんし知るすべもありません。ですのでバックボーンはあまり気にする必要はないと思います。

レンタルサーバーの契約するときの費用ですが、多くの業者が月に○○円とかを大々的に宣伝しています。しかし実際に契約に至ると初期費用が高額だったりしますので注意が必要です。

また独自ドメインが必要でしたらその取得費と維持費が掛かります。レンタルサーバーの利用料金については、初期費用+月額費用+独自ドメインの取得、維持費用のトータルで考えなければならないということになります。

もう一つ、せっかく独自ドメインを取得したのに後でレンタルサーバー会社を変更しようとしたらそのドメインが持ち出せないなんて事があってはたいへんです。独自ドメインの持込・持ち出しは出来るのかも調べてから契約すると良いでしょう。

botton_g.gif(149 byte) サポート及びその他

意外にサポートに関してはあまり重要視しない方が多いようですが、見落としてはいけません。

レンタルサーバー会社によりサポート方法はまちまちです。メールだけのところもあれば、電話でのサポートもしているところもあり、またその対応時間帯もレンタルサーバー会社によりまちまちです。

契約前に何か分からないことを実際に今から契約しようと思っているレンタルサーバー会社に質問してみるのも良いことです。それによりその会社の実際の対応の早さや丁寧さを経験することができます。

レンタルサーバーには共用サーバーと専用サーバーが存在します。専用サーバーとは一つのサーバーを自分ひとりで借り切ることなのですが、これには高度な専門知識が必要で、その上高額です。

このサイトを見る方にはまず必要ないと思いますので、このサイトで説明いたしません。

最後に、レンタルサーバー会社のホームページを訪れてみて細かな説明があまりなく、また画像ばかりが目立つところは要注意です。しっかり隅から隅まで内容を良く見てから契約して下さい。お金を払ってからではもうおしまいです。

おすすめのレンタルサーバーはこちら

下記のレンタルサーバーはお安く利用できる代表的なレンタルサーバー会社ですので、是非ご検討下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

menu


スポンサードリンク

おすすめのサーバー

レンタルサーバーニュース